学識塾

色々な学問について発信していきます

【火と水】人の性質、属性

人の性質には

集中型と安定型の二つのパターンが

あるようです

 

 

基本的な考え

集中型は火の性質。

人からのエネルギーで気力を得て、

集中して能力を発揮します。

人気を重要視します。

好きな事はかなり好きで、

嫌いな事はとことん嫌い。

 

安定型は水の性質。

自分の考えをしっかり持っています。

集中して能力を伸ばすことは、

苦手としますが、精神、体調が

安定しており、現実的な考えを

持っています。

 

火と水、どちらに属する?

人との沈黙が気になるかどうか。

沈黙が気になって仕方がない人は

火の性質が強いです。

沈黙が気にならない人は、

水の性質に入ります。

 

二つの生活の特徴

火の性質の方

相手がいないと、燃えることが

できません。

そのため、相手の気持ちや

空気を読むことを大切にします。

場を盛り上げるのが好きです。

集中力が高いため、憧れや興味があるもの

はどんどん成長します。

しかし、挫折を味わうと

一気に冷めてしまいます。時間が経つと

またやる気が出ることもあります。

 

水の性質の方

自分の考え方、趣向、哲学を

大事にします。

自分に合う人を、しっかり見て、

探して人付き合いをします。

新しい事、できないことに対して、

諦めは早いです。

しかし自分の納得のいく事、

自信があることは、コツコツと

才能を伸ばすことができます。

 

火と水の性質の人同士は

惹かれあうようです。

 

同じ性質同士は、能力を

伸ばすのに効果的。

 

こちらの二つの本から

考えを構成していきました

 

夫婦の本はわかりやすかったです。

 

アリストテレス先生の方は、少し読みづらいです。

しかし、要素、属性についての捉え方、

思考の仕方の基本が身に付きます。

 

読んでいただきありがとうございます!